【記載例有り】提出遅れに注意!労働者死傷病報告の書き方

社会保険・労働保険等手続き

—先日、ケンタくんが経営する会社で業務災害が起きてしまいました。労災保険の手続きが一段落したのですが…

ケンタ(社長)
ケンタ(社長)

初めての業務災害で慌てちゃったけど、とりあえずは無事に手続きも終わりそうだね。

ココア(総務)
ココア(総務)

そうですね。そういえば、労働者死傷病報告は提出しましたか?

ケンタ
ケンタ

あれ? 労災の治療費と休業補償以外にも提出するものがあるの?

ココア
ココア

労災保険の書類ではないのですが、業務災害があったことを報告する重要な書類です。遅れたり、未提出になりやすいので、早めに作りましょう

ケンタ
ケンタ

保険給付が終わって、安心してたよ。それは大切だね。すぐに提出するよ。

ブログへお越しいただきありがとうございます。

社会保険労務士の鈴木翔太郎と申します。

業務災害が発生した場合、優先すべきことは、労働者の保護です。

労災の手続きを迅速に行うことは、とても重要です。

その一方で未提出になりがちな書類に、労働者死傷病報告というものがあります。

労働者死傷病報告とは、どんなものでしょうか。

提出のとき、気を付けることを記載例と一緒にご紹介いたします。

なお、前回の業務災害の記事と少しつながっています。よろしければ、ご一緒にお読みください。

スポンサーリンク

提出遅れに注意!労働者死傷病報告の書き方

提出遅れに注意!労働者死傷病報告の書き方

労働者死傷病報告とは、労働安全衛生法に基づいた書類となります。

労災保険の給付とは別で、単純に業務災害(=労働者の安全に影響を及ぼすこと)

が起こりました、ということを国に報告するための様式となります。

冒頭のやり取りでも触れていますが、

労働者死傷病報告は提出の遅れや未提出が多いようで、

届け出漏れが多いです!提出をお忘れなく!

という厚労省のパンフレットを見かけたことがあります。

このように、とても大事なものですので、この記事を参考にしていただければと思います。

なお、休業日数が4日未満か4日以上かで様式が異なりますので、別々にご紹介します。

労働者死傷病報告はじめ、各種手続きは社会保険労務士へお任せください!

➡こちらより、お気軽にお問い合わせください!
(社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所)

 

[PR] PC/スマホからFAXを簡単に送受信

不休業の場合や、休業しても通勤災害の場合は提出不要。

不休業の場合や、休業しても通勤災害の場合は提出不要。

最初に、僕の経験を踏まえ、大事なご案内ですが、

労働者死傷病報告は

業務災害によって休業が発生したことを報告するものです。

そのため…

  • 業務災害であっても一日も休まなかった(休業0日)という場合
  • 休業していても通勤災害だった場合

というときは、提出は不要です。

僕は以前、このことを知らずに作成してしまったことがあります…

まずは提出が必要か不要かを、ご確認いただければと思います。

[PR] 冊子・カタログ印刷が100部5,000円から 激安印刷通販ならラクスル

【記載例】休業日数が4日未満のとき(様式第24号)

【記載例】休業日数が4日未満のとき(様式第24号)

では、提出が必要と確認できましたら、休業が4日未満のときからご紹介いたします。

様式は、こちらよりダウンロードできます。

事例をご紹介いたします。

会社の情報

株式会社 黄金旅程

代表取締役 ケンタ

住所 〇〇県〇〇市 〇-〇-〇

電話番号 000-000-0000

労働者数 10人 

事業の種類 食料品製造業

被災労働者情報

氏名 タロウ (男性) 29歳 事務職

令和2年1月28日 

事務所内の段差につまずき、転倒し、負傷。左足首を捻挫。休業日数は3日

こちらを令和2年4月3日に作成し、△△労働基準監督署へ提出するとします。

以上の情報をもとに、作成した記載例はこちらです。

右下の押印をお忘れなきよう。

事業の種類って何だろう。。。

とお困りの時は、こちらの労災保険の労災保険率適用事業細目表が参考になります。

その他の補足事項を、いくつかご紹介いたします。

報告書作成者職氏名とは

報告書作成者職氏名という欄が下の方にありますね。

この欄は、そのまま作成者のお名前を書けば大丈夫です。

社長が作ったら社長名、総務課長が作ったら総務課長名、社労士が作ったら社労士の名前…といった感じです。

監督署から問い合わせは、ここに書かれた人宛てにされることになります。

なお、報告書作成者職氏名の欄は、後ほどご紹介する4日以上の様式にもありますが、扱いは同じです。

[PR] 飲食店経営の強い味方! 月額1,000円(税抜)で始めるホームページ

提出期限は四半期ごとに

さて、こちらの様式ですが、すこし変わった提出期限が設定されています。

休業日数が4日未満の労働者死傷病報告の提出期限

1~3月分の労働災害→4月末日までに報告

4~6月分の労働災害→7月末日までに報告

7~9月分の労働災害→10月末日までに報告

10~12月分の労働災害→1月末日までに報告

といった感じで、四半期ごとに取りまとめて提出をすることになります。

そのため、事例のケースは1月の災害を4月に提出していました。

タイミングによっては、期間が空いてしまうので、忘れないようにお気を付けください。

提出先は労働基準監督署の安全衛生課

出来上がりましたら、労働基準監督署へ提出しましょう。

労災課ではなく、安全衛生課が提出先ですので、

お間違えのないようお気を付けください。

また、控として、コピーを送ると受付印が押されたものを返却してもらえます。

コピーの余白に、「控」と書けばオッケーです。
(便利なゴム印もあります。参考までに、僕の愛用品です➡ https://amzn.to/2ALlehd )

労働基準監督署のお仕事紹介記事➡こちら

休業日数が4日以上のとき(様式第23号)

休業日数が4日以上のとき(様式第23号)

お次は、休業4日以上の様式をご紹介いたします。

様式は厚生労働省のページからダウンロードできます。

また、こちらのページにとても見やすい記載例もありますので、

僕のお手製のものは省略させていただきます。

先程のものと比べると、記入をすることが多いですね。

略図を書くというのが、絵が苦手な僕としては、何ともハードルが高いです。

ちなみに、厚労省の記載例では略図に色がついていますが、色は塗らなくても大丈夫です。

添付資料として、写真を提出しても良いのですが、その場合も略図は記入が必要になります。

提出先は、先程の4日未満のものと同じで、労働基準監督署の安全衛生課です。

提出期限は遅滞なく!遅れた場合は遅延理由書も?

4日未満の時と大きく異なるのは、提出期限です。

〇日以内という決まりはないものの遅滞なく届け出る、という決まりがあります。

あいまいな表現ではありますが、できるだけお早めにご提出ください。

なお、労働基準監督署によっては、一カ月以上の提出の遅れがあると

遅延理由書の提出を求めてくるところもあるそうです。

そういった事態にならないように、お気を付けいただければと思います。

まとめ ~忘れずに提出を~

まとめ ~忘れずに提出を~

いかがでしたでしょうか。

労災の手続きでほっと一息、という気持ちもとてもよくわかりますが、

労働者死傷病報告の提出も会社の義務となります。

ご参考いただければ幸いです。

労災保険や、安全衛生の各種の手続きは社会保険労務士へお任せください!

ご相談等につきましては、

➡こちらより、お気軽にお問い合わせください!
(社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所)

 

労働者死傷病報告をはじめ、様々な手続きを顧問料内で対応させていただく、顧問契約がおすすめです!

➡ブログのお問い合わせフォームも、お気軽にご利用ください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました