【算定基礎届】 年4回以上の賞与は報酬に含む?

社会保険・労働保険等手続き

—ケンタくんの会社は来年から、賞与の支給回数を増やすそうです。

ケンタ(社長)
ケンタ(社長)

来年から、秋にも賞与を支給することにしようと思うんだ。

ココア(総務)
ココア(総務)

賞与が4回になりますね。みんな喜びますよ。

ケンタ
ケンタ

4回以上になると、算定基礎届に含めるんだよね?

ココア
ココア

7月1日時点で、前1年の賞与が4回以上の時は12で割って算定基礎届の報酬に含めるんですよ。

ケンタ
ケンタ

そうなんだね。気を付けなきゃね。

ブログへお越しいただきありがとうございます。

社会保険労務士の鈴木翔太郎と申します。

賞与を年4回以上支給している場合、

算定基礎届の報酬に含めて作成することになります。

今回は、年4回以上の賞与と算定基礎届のご紹介をさせていただきます。
(賞与の解説記事は➡こちら

飲食店経営の強い味方! 月額1,000円(税抜)で始めるホームページ
スポンサーリンク

【算定基礎届】 年4回以上の賞与は報酬に含む?

さて、結論からとなりますが、 年4回以上の賞与の算定基礎届の扱いは

毎年、7月1日時点で前1年間で4回以上の賞与支給があるときは、合計額を12で割って、各月の報酬に含める。

とされています。

1年分の賞与総額を1ヵ月分にして、各月の報酬として算入するということですね。

この扱いを忘れてしまうと、標準報酬月額が変わってしまう可能性が高いので、お気を付けください。
(標準報酬月額の解説記事は➡こちら

ただし、この取り扱いをするのは、就業規則や給与規定であらかじめ賞与が年4回以上支払われることが決まっているときに限られます。

臨時で賞与を支払った結果、4回以上となったというときは、この取り扱いはされませんので、ご注意ください。

次の項からは、具体例と一緒に実際の参入方法をご紹介いたします。

算定基礎届の作成は、社会保険労務士へお任せください。

ご相談等につきましては、

➡こちらより、お気軽にお問い合わせください!
(社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所)

 

冊子・カタログ印刷が100部5,000円から 激安印刷通販ならラクスル

具体例で確認!

それでは、具体例で確認してみましょう。

今回の例は…

年に4回(3月、6月、9月、12月)に賞与を支給することになっている
とある会社での、令和2年の算定基礎届を作成するというケースとさせていただきます。

まず、算定基礎届に参入する賞与は、毎年7月1日が基準となり、前1年間が対象です。

そのため、今回のケース(令和2年算定基礎届)の対象になる賞与は…

令和1年9月と12月、令和2年3月と6月!

ということになりますね。

支給額は、すべての月で30万円とさせていただきます。

対象となる賞与の合計額は、30万円×4=1,200,000円となります。

この1,200,000円を12で割ります。(年間の賞与総額を月割りするということです。)

1,200,000円÷12=100,000円

よって、算定基礎届の各月の報酬額に、100,000円を含めて作成すればオッケーです。

12で割り切れなくて端数が出たら?

実は、僕はこの年間賞与を含める算定基礎届を作成したことがなく、

端数については、考えたことがありませんでした。

困ったときは、年金事務所へ確認!

端数は、50銭以下を切り捨ててください。

とのことでした。職員さんありがとうございます。

備考欄への記入が必要です。

今回のように、賞与を算定基礎届に参入した時は、備考欄へ記入が必要です。

備考欄の「9.その他」に、

賞与支給月と、先程の12で割った金額を記入しましょう。

「賞与 9月・12月・3月・6月 100,000円」といった感じです。

お忘れなく。 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ポイントをまとめさせていただきます。

  • 賞与を年4回以上支給している場合、算定基礎届の報酬に含める
  • 7月1日を基準として、前1年分の賞与を12で割った金額を算入
  • 就業規則等で、支給が決まっているときのみ適用される。

算定基礎届作成のお役に立てれば幸いです。

年3回賞与の支給があるところは、比較的多いかと思います。

いまのところ僕は、年に4回以上賞与支給がある会社で働いたことはなく、

そういった顧問先さんと出会ったこともありません。

レアケースがゆえに、知られていない手続きかもしれませんので、ご参考いただければと思います。

算定基礎届をはじめ、煩雑な社会保険のお手続きは、

社会保険労務士へお任せください!

ご相談等につきましては、

➡こちらより、お気軽にお問い合わせください!
(社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所)

 

➡ブログのお問い合わせフォームも、お気軽にご利用ください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

印刷ランニングコストでお悩みの方、会社の経費削減をお考えの方必見!
インク革命.com

冊子・カタログ印刷が100部5,000円から 激安印刷通販ならラクスル

タイトルとURLをコピーしました