10月は、取得促進期間!年次有給休暇の取得率はどれくらい?

しごとのコラム

毎年、10月は、年次有給休暇の取得促進月間となっております。

働き方改革が叫ばれる昨今ですが、現在の有給取得率はどれくらいなのでしょうか。

ブログへお越しいただきありがとうございます。

社会保険労務士の鈴木翔太郎と申します。

日本は、有給取得率が低いとささやかれることが多いですね。

そんな空気を打破するためなのか、毎年10月は取得促進月間とされています。

取得率はどれくらいなのでしょうか?外国と比べると、どんな状況なのでしょう?

年次有給休暇の取得について、ご紹介いたします。

[PR] PC/スマホからFAXを簡単に送受信

スポンサーリンク

10月は、取得促進期間!年次有給休暇の取得率はどれくらい?

10月は、取得促進期間!年次有給休暇の取得率はどれくらい?

有給を使うと、お休みなのにお給料が支給される夢のような一日が送れますね。

ただ、やはり使いづらい空気というのは、僕もサラリーマン時代感じていました。

そんな年次有給休暇の取得率が、こちらです。

出典:  厚生労働省 『10月は「年次有給休暇取得促進期間」です。』

波があるように見えますが、概ね50%前後というところでしょうか。

大体半分くらい使えていることになります。

ただ、この取得率はこんなケースが含まれている気がします…。

退職するので、たまっていた有給をまとめて消化します!

こんな経験ありますよね。(僕はあります)

僕の推測なのですが、このパターンで有給を使うケースは、結構多いのではと考えています。

そのため、退職を予定せず、在籍中に有給を取得するという意味では、

もっと取得率は低くなっているのではないでしょうか。

政府目標は、70%!

この記事を執筆する際、初めて知ったのですが、

政府としては、2020年に70%という目標で取得を促進していたようです。

さきほど、紹介した取得率の推移では、

平成30年(2018年)で52.4%となっています。

目標までは、厳しそうなのが現実ですね…。

海外と日本の有給取得率を比較

海外と日本の有給取得率を比較

よく日本は、海外に比べて有給取得率が低いと言われています。

海外は、どんな状況なのでしょうか。

ありがたいことに、旅行会社のエクスペディアさんが、

世界各国の有給休暇取得状況という調査を行っております。

今回は、こちらを引用させていただきます。

出典  :  エクスペディア 有給休暇取得率4年連続最下位に!有給休暇国際比較調査2019

ヨーロッパ強し!といったところですね。

これは、聞いた話ですが、ヨーロッパの中では、

取得100%が当然なため、そもそも取得率という概念が存在しません!

という国もあるようです。

このグラフに載っていない国では、そんなところもあるかもしれませんね。

支給日数が国によって違うという点も興味深いです。

今後の数値にも注目です。

[PR] LECの通信講座&書籍 オンラインで簡単申込

まとめ ~目指すは、取りづらい世の中からの脱却!~

いかがでしたでしょうか。

  • 日本の年次有給休暇の取得率は、50%前後で推移している。
  • 政府の目標は、70%で厳しい状況である。
  • 海外では、取得率100%のところもあり、日本は低い水準。

労働基準法の改正で、

「法定の年次有給休暇日数が10日以上の人」に対して、5日の取得が義務付けられました

これで取得率は上がるかもしれませんが、

有給をとりづらい空気を何とかしていかないと、

本来の年次有給休暇の目的を果たせないような気もします。

すこしずつでも、社会が変わっていくようになれば良いですね。

このブログでは、他にも仕事に関するコラムを書かせていただいております。

有給を後から申請するのは、アリ?の記事は➡こちら

その他の記事も、よろしければ➡こちらよりお読みいただけると嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました