【失業等給付】自己都合退職の給付制限が、3ヵ月→2ヵ月に短縮!

社会保険・労働保険等手続き

先日、会社を退職したタケオくん、悩みごとがあるようです。

辞めた会社から、離職票が送られてきたよ。

確か次の会社は、まだ決まってないのよね。失業手当の手続きに行ったみたら?

でも、僕は自己都合で辞めたから、実際に受給できるのは、3ヵ月の給付制限の後なんだよね。正当な理由のない自己都合退職には、該当しそうにないし…

令和2年10月1日以降の退職の場合は、自己都合の給付制限が2ヵ月に変更になるのよ

そうなんだね!手続きに行ってこよう!

ブログへお越しいただきありがとうございます。

社会保険労務士の鈴木翔太郎と申します。

正当な理由のない自己都合退職で退職をした場合、

ハローワークへ行っても、いわゆる失業手当(失業保険)が受給できるまで

3ヵ月の給付制限がかかることは、ご存じの方も多いかと思います。

この給付制限期間が、令和2年10月1日以降の退職の場合、2ヵ月に短縮されることになりました。

こちらの改正点を注意事項と併せてご紹介します。

失業等給付の手続きについては、下記の記事もご参考ください。

スポンサーリンク

【失業等給付】自己都合退職の給付制限が、3ヵ月→2ヵ月に短縮!

【失業等給付】自己都合退職の給付制限が、3ヵ月→2ヵ月に短縮!

失業中の収入補償といえば、

失業等給付の基本手当、いわゆる失業手当(失業保険)ですね。

貴重な収入になる一方で、正当な理由のない自己都合退職をした場合は、

ハローワークで休職の申し込みをした後

7日の待機期間+3ヵ月の給付制限がかかってしまっていました。
(7日の待機期間は、他の離職理由でも共通です。)

こちらの給付制限期間が、3ヵ月→2ヵ月に短縮されました。

厚生労働省のお知らせがこちらです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 給付制限①-723x1024.png

出典:厚生労働省

1ヵ月の違いは、失業中の苦しい時期には、とても大きいですね。

ただし、 

リーフレットにもありますように、給付制限が2ヵ月になるのは、

令和2年10月1日以降に退職をした方が対象になります。

また、今回ご紹介のように給付制限が2ヵ月になるには回数の制限があります。

どういった制限なのか、次の項で確認します。

[PR] SBI証券 iDeCo 資料請求はコチラ

【注意】 給付制限が2ヵ月になるのは、5年間のうち2回まで!

【注意】 給付制限が2ヵ月になるのは、5年間のうち2回まで!

さて、今回の給付制限の取り扱いですが、

何度離職をしても、何回でも適用されるわけではありません。

失業等給付の給付制限期間が2ヵ月になるのは、5年間のうち2回までとなります。

という制限付きの制度となっております。

よくわかりません。。。

言い方の問題になりそうなのですが、

とりあえず、令和2年10月1日以降の退職は、

正当な理由のない自己都合退職でも、2回までは給付制限が2ヵ月でオッケーですね。

その後、3回目の退職をするときに、過去5年を遡ってみます。

その5年間の中で、2回以上の自己都合による退職があった場合は、

給付制限が、3ヶ月になってしまうということになります。

さきほどのリーフレットの(1) (2)で見やすく書かれていますので、

参考いただければと思います。

[PR] LECの通信講座&書籍 オンラインで簡単申込

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

簡単にまとめさせていただきます。

  • 正当な理由のない自己都合退職による失業等給付の給付制限が、3ヵ月→2ヵ月に短縮
  • 令和2年10月1日以降の退職が対象
  • 5年のうち2回という、回数制限がある(制限を超えると従来通り、3ヵ月の給付制限)

失業等給付(いわゆる失業手当[失業保険])は、

セーフティーネットとして大きな役目を果たしています。

ご確認いただき、制度をご活用いただければと思います。

雇用保険のお手続きでのお困りごとは、社会保険労務士へご相談ください!

➡こちらより、お気軽にお問い合わせください!
(社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所)

 

失業等給付の解説記事は➡コチラ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました