アルバイト・パートでも、受給できる可能性あり!失業給付の手続きについて

社会保険・労働保険等手続き

—フリーターをしていたマサルくん。アルバイト先を退職したそうです。

マサル
マサル

就職活動に集中するために、アルバイトを辞めることにしたんだ。

がんばってね。

マサル
マサル

でも、仕事が決まるまで、収入がなくて大変だな。今まではアルバイトだったから、失業給付はもらえないんだよね?

アルバイトでも、雇用保険に加入していれば、失業給付を受給できる可能性があるのよ。確認した方がよさそうね。

マサル
マサル

そうなんだね。確認してみるよ。

再就職先が決まらずに会社を退職した場合、

失業給付(失業手当、失業保険)を受給されることが多いですね。

この給付金は、雇用保険に加入して、受給要件を満たしていれば、

アルバイトなどの、いわゆる非正規雇用でも受給することができます。

今回は、失業給付のご紹介をさせていただきます。

※雇用保険の失業等給付には、様々な給付がありますが、この記事では基本手当を想定して書かせていただいております。

※ 正当な理由のない自己都合退職の給付制限の扱いが変わりました。
以下の記事も併せてご参考ください。

スポンサーリンク

アルバイト・パートでも、受給できる可能性あり!失業給付の手続きについて

冒頭のやり取りでもありましたが、

失業給付が受給できるのは、正社員だけなのかな?

社会保険(健康保険、厚生年金保険)に加入してないから、失業保険は受給できないかな?

といったように考えている方は、少なくないのかなと思われます。

実際に、僕も同様のことを聞かれたことがあります。

もちろん、受給するには条件はありますが、

アルバイトやパートタイマーでも、失業給付が受給できるケースはあります。

また、社会保険(健康保険、厚生年金)に加入していなくても、

雇用保険だけは加入することはできます。(要件が異なるため。)

失業中の収入保障になる重要なお金です。

確認をしてみましょう。

まずは、雇用保険に加入しているか確認

失業給付は雇用保険の給付です。

雇用保険に加入して、

雇用保険料を納めていないと給付を受けることはできません。

どうやって確認するの?会社に確認するのはちょっと…

確かに、そうですね。

そこで、自分で確認する方法をいくつかご紹介いたします。

  • 入社の時に、雇用保険被保険者証を受け取っている。
  • 雇用契約書に雇用保険加入と書かれている。
  • 給与明細を見て、雇用保険料が天引きされている。

雇用保険被保険者証は、会社が預かっているケースがよくあり、

雇用契約書は、紛失してしまった可能性などもあるので、

給与明細書で確認するのが、確実ですね。

雇用保険は、どうやって加入するの?

以前、フリーターをしていたアルバイトの方から

勝手に、雇用保険に加入させられたんですが、どうなってるんですか?

と、言われたことがあります。

雇用保険は、条件を満たしていたら、

本人が希望しなくても、加入をしなければなりません。(強制加入といいます)

反対に、条件を満たしていなければ、本人が希望しても加入できません。

どんな条件なのでしょうか。

  • 継続して、31日以上雇用される見込みがあること
  • 一週間の所定労働時間が20時間以上であること

※季節労働者さんや日雇い労働者さんは別の要件がありますが、割愛させていただきます。

昼間学生さんなどを除き、この要件を満たしていれば、加入することになります。

例えば… 

3ヶ月の雇用契約期間で、5時間×週5日の僕は、雇用保険に加入できるってことだね。

こんな感じです。ご自身の雇用条件を確認してみましょう。

こればかりは、雇用契約書を確認しないと確認できないので、

紛失した場合は、会社さんに聞いてみるしかないですね。

雇用保険の被保険者期間によって、受給資格が決まります。

さて、雇用保険の加入が確認できたとしても、

全員が受給できるわけではありません。

失業給付を受給するためには…

◆原則として、離職の日以前2年間に 12 か月以上被保険者期間があること。

厚生労働省パンフレット離職された皆様へ

この要件が必要になります。

なお、倒産や解雇、雇い止めなどで退職した場合は

離職の日以前1年間に 6 か月以上といったかたちで、要件が緩くなっています。

被保険者期間って何?契約更新をして、合計で1年間(12か月)働いてた僕は、オッケーってこと?

正社員やフルタイムの方はそれで問題ないのですが、(休職期間があるとき除く)

アルバイトさんは、必ずしもオッケーとはなりません。

簡単に申し上げますと、

月末に退職した場合、退職前の各月の出勤日数が11日以上あれば

被保険者期間1ヵ月としてカウントされます。

なお、月の途中で退職した場合は、

退職日から一か月ごとに区切って数えていくので、すこしややこしくなります。

➡こちらの厚生労働省のパンフレットが参考になりますので、ご紹介いたします。

複数の会社の期間を通算できるケースもあります。

例えば… 

毎月11日以上働いていたけど、3ヶ月で退職したから、無理かな?

という場合でも、さらに前の会社での被保険者期間を通算できることがあります。

そのさらに前の会社を退職した際に、給付をもらったりしていたら、通算できませんが、

短期間で退職した方は、ハローワークへ相談されることをお勧めします。

アニメ観るなら<U-NEXT>

雇用保険離職票を使って、手続き!

ご存じの方も多いかもしれませんが、

失業給付の手続きをするためには、雇用保険離職票が必要です。

退職後、給付を検討している方は、必ず会社さんに発行してもらいましょう。

また、先程ご紹介のように

複数の会社を通算して、受給するということができますので

受給の予定がなくても、離職票を交付してもらった方が無難かな、と個人的には思います。

僕は、退職後数か月経ってから、

前の職場へ連絡して、交付してもらったことがありますので…

雇用保険離職票を紛失してしまった!

紛失してしまった場合は、会社さんへ連絡すれば再交付ができます。

また、直接ハローワークへ行っても大丈夫です。

給付制限が掛かることも!お早目の手続きがおすすめ

ご存じの方も多いかもしれませんが、

自己都合退職をした場合、正当な理由がある場合を除き、

3か月間の給付制限が、掛かります。

それ以外の場合は、7日間の待期期間が終われば受給が開始できます。

つまり、一般の自己都合の場合は、7日間+3か月待ってようやく受給が開始されます。

※ 正当な理由のない自己都合退職の給付制限の扱いが変わりました。
5年のうち2回までは、給付制限が2ヵ月になります。
コチラの記事も、ご参考ください。

いずれも、ハローワークへ離職票を持っていき、

受給資格が確認されてからカウントが始まります。

退職日からカウントされるわけではありませんので、ご注意ください。

契約期間満了で退職の場合は、ケースバイケースとなりますので、ハローワークへご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • アルバイトやパートタイムでも、雇用保険に加入していれば失業給付は受給できる可能性がある。
  • 雇用保険に加入しているかどうかは、給与明細書で雇用保険料を確認
  • 必要な被保険者期間をクリアすれば、受給決定される。複数の会社を通算できるケースもあり。
  • 雇用保険離職票を交付してもらいましょう。
  • 給付制限が掛かることがあるので、お早目の手続きが重要

ご参考いただければ幸いです。

僕も受け取っていたことがあり、失業中の貴重なお金になりますので、

可能でしたら、ぜひ活用いただければと思います。

雇用保険のご相談は、

社会保険労務士へお任せください!

➡こちらより、お気軽にお問い合わせください!
(社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました