【社会保険料】お給料からの控除(徴収)は、いつから?【雇用保険料】

しごとのコラム

—とある会社を切り盛りするケンタくん。新入社員のマサオくんのお給料のことで、総務のココアさんと相談しています。

ケンタ(社長)
ケンタ(社長)

うちの会社は、月末締めの翌月払いでお給料を支給するから、
マサオくんは、今月のお給料は無し。

最初のお給料は、来月になるよね?

ココア(総務)
ココア(総務)

そうですね。忘れないようにしましょう。

でも、マサオくんは今月から社会保険に加入してるよね。今月の社会保険料が控除できないんじゃないのかな?

社会保険料は、翌月に控除(徴収)するルールになっているので、今月の社会保険料は来月に控除されますよ。私も社長も同じルールで控除されてます。

そうなんだね。ちゃんと勉強しておくね。

ブログへお越しいただきありがとうございます。

社会保険労務士の鈴木翔太郎と申します。

毎月のお給料から、加入している保険に応じて、

社会保険料(健康保険料[介護保険料]、厚生年金保険料)と雇用保険料が控除されていますね。

さりげなく徴収されていますが、それぞれで徴収の仕方が違っており混乱するケースがあります。

今回は、社会保険料、雇用保険料の控除のルールをご紹介します。

スポンサーリンク

【社会保険料】お給料からの控除(徴収)は、いつから?【雇用保険料】

【社会保険料】お給料からの控除は、いつから?【雇用保険料】

まずは、ルールをご紹介します。

社会保険料(健康保険料[介護保険料]、厚生年金保険料)の控除は…

その月の保険料を、翌月に控除します!

例えば…

10月1日に入社した新入社員さんの社会保険料

➡11月支給のお給料から控除スタート!

という具合です。

次に、雇用保険料の控除は…

お給料を支払ごとに、控除します!

こちらの方は、シンプルで良いですね。

その月や翌月といわれると、ややこしくなります。。。

もっと具体的に知りたい!

ということで、次の項から、具体的に確認してみます。

保険料控除を具体例で確認!(翌月控除の場合)

保険料控除を具体例で確認!(翌月控除の場合)

では、社会保険料の控除はいつから?という件を具体例で確認してみましょう。

冒頭のやり取りで出てきたマサオくんに登場してもらいます。

入社日は、10月1日です。この会社は、末日締めで翌月25日にお給料を支給します。

マサオ
マサオ

お給料は、

基本給 200,000円と通勤手当が5,000円です。

残業はしていないので、総支給額は205,000円です。

先程紹介のように、社会保険料は翌月で控除するので、

この場合、最初のお給料日の11月25日から控除スタートです。

雇用保険料も同じく11月25日支給分からスタートです。

マサオ
マサオ

ちなみに、実際にはいくらになるの?

社会保険料については、標準報酬月額200,000円となりますので、

執筆現在の➡等級表に合わせると…
(東京都の協会けんぽ加入で、介護保険は該当していないとします。)

厚生年金保険料→18,300円 健康保険料→9,870円となりますね。

標準報酬月額の解説記事は➡コチラ

雇用保険料については

支給額の205,000円に雇用保険料率を掛けます。

この会社が一般の業種だとすると。。。

従業員負担分は3/1000なので。615円ですね。

【要注意】当月払いの時の社会保険料・雇用保険料控除は?

【要注意】当月払いの時の社会保険料・雇用保険料控除は?

翌月払いの時は、上記のように保険料控除がスタートするわけですが、

当月にお給料を支払うという会社さんも多いかと思います。

例えば、 

うちの会社は、月末締め当月25日払いです。

こういったケースだと、

10月入社の社員さんの最初のお給料日は、10月25日となりますね。

このときは、10月のお給料からは社会保険料は控除しません。

社会保険料の控除はいつから?という点では、先程と同様に11月からスタートします。

なお、雇用保険料は当月払いであっても最初のお給料から控除スタートです。

今のケースだと、10月25日のお給料から控除を始めます。

ややこしいですね。

社会保険料が上がるor 下がるタイミングにも、気を付けましょう!

社会保険料が上がるor下がるタイミングに気を付けましょう!

さきほどまでは、

入社した人の控除はいつから始めるの?

という点でお話させていただいていました。

同様に、定時決定や随時改定、育児休業中の免除などで

社会保険料が変わるタイミングについても、金額の変更は翌月からとなります。

標準報酬月額の改定があったときは、要注意です。

保険料率自体が変わったときも、同様です。

雇用保険については、標準報酬月額に関係ないので、

その月その月で、保険料率に応じた金額を控除しましょう。

まとめ ~社会保険料は、いつの月の分かを意識することが重要~

まとめ ~社会保険料は、いつの月の分かを意識することが重要~

いかがでしたでしょうか。

  • 社会保険料は、その月の保険料を、翌月に控除!
  • 雇用保険料は、お給料を支払うごとに控除!
  • 当月払いでも、翌月払いでも同じルールなので要注意!

支払方法が、会社さんによって様々なところがあり、

やはり社会保険料がややこしい感じがしますね。

疑問に思う方が多い分野なので、参考いただければ幸いです。

なお当月払いをされているときは、

退職する月に社会保険料を2ヵ月分控除することができます。

社会保険料2ヵ月控除の記事は➡コチラ

複雑な社会保険料…お困りごとはございませんか?

社会保険労務士へご相談ください!

➡こちらより、お気軽にお問い合わせください!
(社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました