【3つの方法を確認】社会保険料控除証明書の再発行方法!【確定申告・年末調整】

社会保険コラム

確定申告・年末調整で社会保険料控除を受けるためには、社会保険料控除証明書が必要になります。

紛失して、見つからない!というときは再発行の手続きをしましょう。

ブログへお越しいただきありがとうございます。

社会保険労務士の鈴木翔太郎と申します。

今年も確定申告のシーズンが近づいてきました。

社会保険料控除に必要な、社会保険料控除証明書を紛失してしまったことはありませんか?

失くしてしまったときは、再発行が可能です。

今回は、社会保険料控除証明書の再発行の方法をご紹介します。

スポンサーリンク

【3つの方法を確認】社会保険料控除証明書の再発行方法!【確定申告・年末調整】

【3つの方法を確認】社会保険料控除証明書の再発行方法!【確定申告・年末調整】

該当の年に、国民年金保険料を納付していた場合、

日本年金機構から、社会保険料控除証明書が発行されます。

確定申告や年末調整まで、大切に保管ください。

と書いてあるものの、いざとなると「ない!」ということはあるかと思います。

紛失したままでは控除が受けられないので、再発行をしましょう。

社会保険料控除証明書の再発行の方法は、以下の3つです。

  1. 年金事務所へ依頼
  2. ねんきん加入者ダイヤルを利用
  3. ねんきんネットを利用

一つずつご紹介いたします。

【再発行方法その1】年金事務所へ依頼

年金に関するお役所といえば、年金事務所ですね。

年金事務所で、控除証明書の再発行が可能です。

窓口へ行って依頼をしても大丈夫ですし、電話での依頼も可能です。

係は、国民年金課となります。

(年金事務所のお仕事紹介は➡コチラより)

気を付けることはありますか?

窓口へ行く場合は、身分証明書が必要になります。

お手持ちのものが証明書として使えるかわからない時は、事前に確認することをお勧めします。

電話で依頼をするときは、基礎年金番号やマイナンバーが必要になりますので、

準備をしてからの電話がよさそうですね。

[PR] 自宅で簡単お小遣い稼ぎ♪ちょびリッチ

【再発行方法その2】ねんきん加入者ダイヤルを利用

日本年金機構は、電話専用の相談センターを設置しています。

こちらの、ねんきん加入者ダイヤルへ電話をしても、再発行の依頼が可能です。

ねんきん加入者ダイヤルは➡コチラより(日本年金機構 電話での年金相談窓口)

この場合も、基礎年金番号やマイナンバーが必要になります。

準備のうえ、電話をすることをお勧めします。

【再発行方法その3】ねんきんネットを利用

ねんきんネットとは、登録制の日本年金機構のインターネットサービスです。

こちらのサービスに登録をすると、

控除証明書の再発行手続きをすることができます。

他にも、年金の納付記録の確認ができたり、色々なサービスが利用可能です。

ご興味のある方は、➡コチラより(日本年金機構 「ねんきんネット」とは?)

国民年金保険料の支払先は、どこ?

国民年金保険料の支払先は、どこ?

年末調整で、国民年金保険料の社会保険料控除を使うときに

保険料控除申告書を記入します。

保険料支払先の名称って、どこを書けばいいの?

と疑問を持たれる方が多いです。

この欄の保険料支払先名称は、

日本年金機構と書けばオッケーです。

まとめ ~源泉徴収票との違いに注意~

まとめ ~源泉徴収票との違いに注意~

いかがでしたでしょうか。

  • 社会保険料控除を受けるためには、控除証明書が必要になります。
  • 紛失した場合は、再発行が可能
  • 方法は、①年金事務所、②年金加入者ダイヤル、③ねんきんネットの三種類

同じように、確定申告で使う書類として、源泉徴収票があります。

源泉徴収票は、年金を受給している人に発行される書類になります。

年金を納付している人の書類は、社会保険料控除証明書です。

ややこしく思われる方がいらっしゃるので、ご注意ください。

年金の源泉徴収票の記事は➡コチラ

控除証明書を再発行したけど、確定申告が良く分からない…
税理士さんにお願いしたいけど、どの人が良いのかな…

税理士さんをお探しの時は、税理士ドットコムのサービスがおすすめです。

無料で利用ができて、ご自身に合った税理士さんを探すことができます。

よろしければ➡コチラより【税理士ドットコム】

このブログでは、他にも社会保険の情報を書かせていただいています。

よろしければ➡コチラより、ぜひお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました