【18.3%で固定】最新の厚生年金保険料率は、いくら?【令和3年度も継続】

社会保険コラム

健康保険や介護保険料は、毎年度保険料率の見直しがされ、改定が行われています。

厚生年金の保険料率は、どうなっているのでしょうか。

ブログへお越しいただきありがとうございます。

社会保険労務士の鈴木翔太郎と申します。

社会保険の実務において、保険料の徴収(納付)は、とても大切です。

気になるポイントの一つが、保険料率の改定です。

今回は、社会保険料のうちの厚生年金保険料についてご紹介します。

[PR] 業務内容を見える化させる日報ソフト【Pace】無料トライアル申込

スポンサーリンク

【18.3%で固定】最新の厚生年金保険料は、いくら?【令和3年度も継続】

【18.3%で固定】最新の厚生年金保険料は、いくら?【令和3年度も継続】

早速、最新の厚生年金保険料率を確認します。

厚生年金保険料率は、18.3%です。(都道府県にかかわらず、全国一律)

厚生年金保険料率は、平成29年9月からは固定されることになっています。

厚生年金保険料率は、平成29年9月までは年々アップしていて、毎年9月が改定時期となっていました。

しかし、その後は18.3%で固定されることになり、現在も変わっていません。

なお、お給料から控除するのは折半額となります。約9%が徴収されているということですね。

厚生年金保険料が、急に上がったりするけど、本当に固定されてるの?

18.3%の保険料率が変わらなくても、保険料率を掛ける標準報酬月額が変わると、保険料が上がったり下がったりします。

標準報酬月額とは、お給料をもとに決まる数字です。

毎年9月の定時決定のほか、随時改定などで標準報酬月額が変更されることがあります。

保険料が変わったときは、標準報酬月額を確認することをお勧めします。

標準報酬月額については、以前別の記事を書かせていただいています。ご参考ください⇊

[PR] 働き方改革!テレワーク用のITツール「ベステレワーク」

厚生年金保険料率の推移を確認。

厚生年金保険料率の推移を確認。

ここからは、厚生年金保険料率の推移を簡単にご紹介いたします。

平成29年9月に18.3%で固定されたというお話をしました。

これは、平成16年から厚生年金保険料を段階的に上げていくという改正のゴール地点です。

その平成16年の厚生年金保険料は、13.934%でした。

ということは、4~5%アップしたことになります。

毎月のお給料や、ボーナスの手取り額に影響が出るので、気にされている方も多いかと思います。

ちなみに、平成初期の頃は約14%ほどです。

その後、上げ下げを繰り返して、今の状態に落ち着いたという形になります。

詳細な保険料率の推移を確認したい方へ、年金機構のページをご案内いたします。

[PR] スマホでいつでもどこでも会社の電話が使える【回線.com】

まとめ ~厚生年金保険料は、高い?~

まとめ ~厚生年金保険料は、高い?~

いかがでしたでしょうか。

  • 厚生年金保険料率は、18.3%。(全国一律で適用)
  • 平成29年9月のアップを最後に料率は固定。
  • 平成初期の頃は約14%、その後上げ下げを繰り返して、今の料率に。

現在の保険料率は18.3%なので、折半額で9%ということになります。1割に近いですね。

毎回、お給料や賞与から徴収されていると考えると、なかなか高いと思う方も多いはずです。

一方で、年金の財源も厳しい状況が続いています。

どこかで、改革がされることはあるのでしょうか。

今後の推移にも注目です。

このブログでは、ほかにも社会保険の情報を発信しています。

令和3年度の各種保険料率のまとめの記事は、コチラ⇊

その他の記事も、是非お読みください。➡コチラ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました