【社労士開業に必要なもの?】開業届を提出したストーリー

社労士開業体験談(コラム)

個人で社労士事務所を開業するときは、税務手続きとして、開業届が必要になります。

行政書士等の他士業でも、同様の手続きが必要となります。
筆者の体験談をもとにご紹介いたします。

ブログへお越しいただきありがとうございます。

社会保険労務士の鈴木翔太郎と申します。

すでに社労士の資格をお持ちの方、受験生の方、

どちらも、社労士として独立開業をお考えの方も多いかと思います。

何かのお役に立てばと思い、僕が開業の際に、経験したことを複数回に分けて、

こちらのブログでご紹介させていただきます。

今回は、開業届のお話です。

ご興味のある方、ぜひお付き合いください。

スポンサーリンク

【社労士開業に必要なもの?】開業届を提出したストーリー

社会保険労務士として仕事をするためには、

ざっくりと、ご説明しますと

試験に合格→
2年間の実務経験の要件を満たす又は事務指定講習を受講→
所属する都道府県社労士会に名簿登録

というステップを踏む必要があります。

登録の種類には、以下のものがあります。

  1. 開業
  2. 勤務
  3. その他

今回、ご紹介する開業届は、社労士会の開業登録に使う書類ではなく、

税務署へ提出をする税法上の書類である開業届となります。

書類の概要や、僕が実際に使った開業freeeという便利なツールをご紹介いたします。

なお、基本的に僕の体験談となりますので、詳細な税法上の扱いについては、税務署等へご相談ください。

社労士や行政書士等の士業も個人事務所なら提出が必要!

開業届とは、正式名称は「個人事業の開業・廃業等届書」といいます。

個人事業を始めるときには、この届を提出する必要があります。

社労士以外でも、個人の士業の方は行政書士さんも税理士さんも、

こちらの開業届を提出して、お仕事をされています。

意味合いは、大分違ってきますが、社会保険の新規適用届のようなものですかね。

なお、屋号を記入するところがあり、ここで屋号が決まることになります。

ドキドキしながら、書いた記憶があります。

いつまでに提出?

提出は開業日から、1か月以内となっております。

色々と忙しい時期かとは思いますが、忘れないようにしましょう。

なお、後ほどご紹介する、青色申告承認申請書は開業から2か月以内です。

どこへ提出?

開業届の提出先は、住所地を管轄する税務署となります。

事務所を管轄している税務署でも、受付できるとのことですが、

原則は、住所地とのことで、僕も住所地へ提出しました。

実際に、僕が作った時のエピソード(ソフト使用)

僕は、開業セミナーというものは、ほとんど参加しておらず、

本やネットの情報を頼りに、開業届の存在を知りました。

おそらく開業届は、作成に慣れた税理士さんなどからすると、

お茶の子さいさい!

というタイプの書類なのかもしれません。しかし僕は税務素人です…

聞きなれない言葉が多いな…。
青色申告には、別の申請書も必要なのか…これも良くわからない。
税金を間違えたら怖いな…

こんな感じでした。

何とかならぬものか、と調べていたところ、

開業freee というソフトを発見します。

freeeの名前は会計ソフトで聞いたことはあったのですが、

開業届のサービスがあるとは、思いもしませんでした。

必要な情報を入力すれば、青色申告申請書も一緒に作れたので、大変助かりました。

ちなみに、会計のfreeeは費用が掛かりますが(一部無料プランもあるようです)、

この開業freeeは無料で使えました。 

よろしければ、➡こちら 開業freee より、ご参考ください。

開業届は控えを用意しましょう。

これは、社会保険や労働保険の届出をするときも同じなのですが、

役所に書類を出すときは、控を用意するのがおすすめです。

作り方は簡単で、提出するものをコピーして、余白に控と書くだけです。
(ゴム印鑑があると楽です。)

控を一緒に提出すると、

税務署が「〇月〇日収受」というハンコを押して返してくれます。

開業届の控えは、開業している証拠となるので持っていると便利です。

僕は、屋号付きの銀行口座を作るときに添付しました。

余談ですが、開業freee で開業届を作成すると、

控と印字された控用書類も同時に作成できました。

 

冊子・カタログ印刷が100部5,000円から 激安印刷通販ならラクスル

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • 個人事業を始めるときは、税務署へ開業届を提出する。行政書士や他の士業も同様に必要な手続き。
  • 僕は、 開業freee という無料のソフトを使って作成しました。簡単に作成ができて、便利!
  • 後々、使うことがあるので、控書類の用意がおすすめ!

開業当初で、お困りの方の参考になれば幸いです。

いつもでしたら、

お手続きのご依頼は➡こちら!

と、事務所の宣伝をするのですが、開業届の代行は、税理士さんの独占業務です。

税務のことで、お困りの方は、

税務署や税理士さんへご相談ください。

このブログでは、他にも開業コラムを書かせていただいております。

よろしければ、➡コチラより読んでいただけますと嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました