【令和3年(2021年) 労働保険年度更新】計算支援ツールが公開されました。

社会保険・労働保険等手続き

厚生労働省より、労働保険年度更新の計算支援ツールが公開されました。

様式のダウンロード先と使い方の概要をご紹介します。

ブログへお越しいただきありがとうございます。

社会保険労務士の鈴木翔太郎と申します。

6月になると、労働保険料の年度更新(確定保険料・概算保険料申告書)の作成に入る会社さんが多くなります。

記入で苦労されている方を支援するため、

厚生労働省より計算支援ツールというエクセルシートが公開されました。

今回は、こちらのツールのご紹介をさせていただきます。

スポンサーリンク

【令和3年(2021年) 労働保険年度更新】計算支援ツールが公開されました。

【令和2年(2020年)度 労働保険年度更新】計算支援ツールが公開されました。

こちらの厚生労働省のページから、年度更新申告書計算支援ツールをダウンロードできます。

厚生労働省 労働保険関係各種様式 (エクセルシートをダウンロードできます。)

3つのタイプがありますが、

建設業等の業種を除き、継続事業用のシートを使うことになります。
(こちらで、雇用保険料も労災保険料も申告できます。)

こちらのシートは、毎年、年度更新の時期に公開されております。

令和3年の申告のシーズンが近づいてきましたので、今年度も公開されました。

とても便利なツールで、僕も良く使っております。ぜひご活用ください。

 



一般拠出金も一緒に申告・納付します。

年度更新で、労働保険料と一緒に申告している一般拠出金って何?

と、疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

一般拠出金は、アスベスト健康被害救済のため、会社が拠出するお金です。

労働保険料とは、別のものですが一緒に納付しています。よろしければ、解説記事もご参考ください⇊

次の項からは、簡単にですが、使い方をご紹介させていただきます。

※ 継続事業シート用のご説明となります。ご了承ください。

【使い方前編】賃金集計表に賃金額と人数等を入力していきます。

シートがたくさんついています。まずは、注意点を確認しましょう。

その後、2番目シートの算定基礎賃金集計表の入力に入ります。

この集計表が申告書作成のキモとなっております。

今回は、令和2年度の確定申告となりますので、

令和2年4月~令和3年3月までの賃金を集計することになります。

各月の労働者さんへ支払った賃金の総額と、人数をそれぞれに入力していきます。

社員さんごとの、個別の金額の記入の必要はありません。

賞与を支払っている場合は、支払い年月と金額を記入します。

[PR] 完全無料の税理士紹介サービス。さらに、契約成立時は、祝い金贈呈!

【使い方後編】自動計算されて、申告書記入イメージができあがります。

賃金集計表の入力が終わったら、3つ目のシートへ移動します。

さきほど、入力をした金額や人数が自動で表示されているはずです。

賃金については総額が、人数は合計を12で割った平均人数が入ってくるようになっています。

確認ができましたら、お次は、3枚目のシートの黄色い部分を埋めていきます。

まずは、①から④までの保険料率を入力します。

すると、賃金額から自動で保険料が算出されて表示されるはずです。

保険料率については、労働局より送付される申告書に印字されているので、ご参考ください。

[PR] スマホでいつでもどこでも会社の電話が使える【回線.com】

延納を希望するときは?

概算保険料額が40万円になると、労働保険料を延納(分割納付)をすることができ、

保険料を、3回に分けて納付することができます。

希望するときは黄色の⑥欄で3を選択します。
(概算保険料が40万未満の場合、選択ができない仕様になっていますので、お気を付けください。)

申告済み概算保険料を入力

黄色の⑤欄に、申告済み概算保険料を入力すると、

差引額も自動計算されて、申告書が完成します。

申告済概算保険料は、労働局から送られてくる申告書に記載がされています。

金額を間違えないように、入力します。

できましたら、納付額を確認して、申告書の完成です。

[PR] 冊子・カタログ印刷が100部5,000円から 激安印刷通販ならラクスル

この支援ツールの申告書イメージでは、提出できません。

ご紹介のように、こちらの計算支援ツールは、とても便利なものなのですが、

シートで作成したものは、あくまでもイメージです。

これを、そのまま印刷して提出はできませんので、お気を付けください。

おそらくは、申告書の様式が複写式になっていることが原因なのでは,,,

と思われますが、複数枚印刷して使用できればもっと便利なのですがね。

書き間違い等も防げて、一石二鳥になると、個人的には思います。

お手数ですが、労働局より送付された申告書に書き写してご提出ください。

提出先は、管轄の労働基準監督署か労働局です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • 厚生労働省のページから、年度更新申告書計算支援ツールをダウンロードできます。
  • エクセルシートに沿って、賃金や保険料率等を入力すると申告書のイメージが完成します。
  • 申告書イメージでは提出ができないので、労働局より送付される申告書へ書き写して提出します。

年度更新は、保険料を申告するとても重要な手続きです。

作成の際、お役に立てれば、幸いです。

煩雑な労働保険の年度更新は、社会保険労務士へお任せください。

ご相談・ご依頼につきましては、

労働保険の手続きを、もっと知りたい!

というときは、こちらの本がおすすめです。(➡ https://amzn.to/2QXitBO
見やすい見本と、わかりやすい解説がされています。僕も持っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました