【記載例付き】賞与不支給報告書の書き方【総括表は廃止】

社会保険・労働保険等手続き

令和3年度より、賞与支払届総括表が廃止されました。

その代わりに、賞与不支給の時に提出する賞与不支給報告書が創設されました。

ブログへお越しいただきありがとうございます。

社会保険労務士の鈴木翔太郎と申します。

これまで、賞与支払届と一緒に総括表を提出していました。

その総括表が令和3年4月より廃止されることになりました。

その一方で、創設された賞与不支給報告書を今回はご紹介します。

スポンサーリンク

【記載例付き】賞与不支給報告書の書き方【総括表は廃止】

【記載例付き】賞与不支給報告書の書き方【総括表は廃止】

さっそく、賞与不支給報告書の様式を見てみましょう。

日本年金機構のホームページからダウンロードができます。

記入するところは少ないですが、事例と一緒に確認します。

事例

株式会社黄金旅程では、毎年、6月と12月に賞与を支給していますが、

今年(令和3年)6月は、訳あって支給をしないことになりました。

賞与支払届の提出は必要ありませんが

賞与不支給報告書を提出する必要があります。

この例を元に作成した賞与不支給報告書は、

コチラです⇊

基本は、真ん中の賞与支払い年月の所だけになるかと思います。

ただし賞与支払月の変更があったら、下の欄も記入します。

賞与不支給報告書の提出先は、年金機構(+健康保険組合)

賞与不支給報告書の提出先は、年金機構(+健康保険組合)

作成ができましたら、提出をしましょう。

提出先は、事業所を管轄している年金事務センターか、年金事務所となります。

➡ 日本年金機構 全国の相談・手続き窓口

事務処理専用の拠点、事務センターへも提出できます。一覧はコチラ
➡ 日本年金機構 事務センター一覧

健康保険組合に加入している会社さんは、健康保険組合にも併せて提出しましょう。

協会けんぽ加入の会社さんは、年金機構だけでオッケーです。

健保組合?協会けんぽ?よくわかりません…

以前、健保組合と協会けんぽの違いを解説させていただいたことがあります。

よろしければ、コチラより⇓

提出しないと、どうなるんですか?

提出をしないと、年金機構から、確認の連絡が来ることがあるそうです。

気を付けたいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • 賞与支払届 総括表は廃止され、賞与不支給報告書が創設されました。
  • 賞与が不支給だった年月を記入して、年金機構(+健康保険組合)へ提出します。
  • 賞与が不支給だったのに未提出だと、年金機構から、連絡が来ることがあります。

新設された様式ですので、ご参考いただければ幸いです。

このブログでは、

他にも社会保険の手続きを解説させていただいています。

賞与支払届を訂正したい!解説は➡コチラ

その他の記事も、ぜひご参考ください➡コチラ

社会保険のお手続きでお困りごとはありませんか?

社会保険労務士へご相談ください!

<p><iframe src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FSuzuki.Shotaro.office%2F&width=450&layout=standard&action=like&size=small&share=true&height=35&appId" width="450" height="35" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe></p>

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました