【記載例付き】賞与支払届の訂正届の書き方

社会保険・労働保険等手続き

ケンタくんの会社では、ボーナスを支給しました。賞与支払届の提出が終わり、決定通知書を確認しているようです。

ケンタ(社長)
ケンタ(社長)

賞与支払届の決定通知書が届いたよ。

ココア(総務)
ココア(総務)

内容は、間違えていないですか?

ケンタ
ケンタ

あ!アユムさんの金額が違ってる!書き間違えて提出しちゃったみたい…

ココア
ココア

赤字と黒字で訂正届を作れば、提出後でも、訂正ができますよ。

ケンタ
ケンタ

そうなんだね。すぐに作ることにするよ。

ブログへお越しいただきありがとうございます。

社会保険労務士の鈴木翔太郎と申します。

賞与(ボーナス)を支給した後、年金機構(健康保険組合)へ賞与支払届を提出します。

手続きが終わると、標準賞与額の決定通知書が届きます。

提出後、賞与支払届に書き間違いが発覚、決定通知書の金額が違う!ということはありませんでしょうか。

今回は、賞与支払届の訂正方法をご紹介いたします。

賞与支払届の解説記事は➡コチラ

※この記事は、協会けんぽ加入の会社さんを想定して書かせていただいています。
組合健保の時は、扱いが異なる場合があるかもしれませんので、参考程度でお願いいたします。

詳細は、各健保組合へご確認ください。

スポンサーリンク

【記載例付き】賞与支払届の訂正届の書き方~提出後のケース~

【記載例付き】賞与支払届の訂正届の書き方~提出後のケース~

さて、さっそく訂正方法の紹介です。

訂正専用の書類はないため、通常の賞与支払届をアレンジするかたちで作成します。

賞与支払届のダウンロードは➡こちら(年金機構ホームページ)

エクセル版とPDF版が選べます。

ポイントは以下の通り。

  • 表題部分に「訂正届」と赤字で記入
  • 賞与額の正誤を赤字、黒字で記入。

では、具体例と一緒に記載方法を確認しましょう。

ケンタくんが代表取締役を務める、株式会社 黄金旅程にて

令和2年12月10日 賞与(ボーナス)を支給しました。

実績に基づいて、賞与支払届を作成し、年金機構へ提出をしました。

ところが、決定通知書を確認したところ、

従業員のアユムさんの金額に誤りがあったことが発覚します。

アユムさんの賞与支給額は300,000円でしたが、誤って200,000円と書いて提出をしていました。

そこで、訂正届を作成します。 

目的は、アユムさんの賞与額を200,000円➡300,000円に訂正することです。

アユムさんの整理番号は3、生年月日は平成5年10月11日とした場合

訂正届は以下のようになります。

※見やすくするために、様式を一部加工しています。

【賞与支払届 訂正届 記載例】

訂正の必要がない人については、記入しなくてオッケーです。

なお、余白に「計算間違い」や「記入間違い」などの訂正理由が書いてあると、

年金事務所の担当者さんが助かるそうです。

賞与支払届総括表は、再提出不要

賞与支払届を提出するとき、総括表という書類を一緒に提出しているはずです。

今回のように、訂正届を作成すると総括表の金額も変わってきますね。

そうなると…

総括表も訂正届を作るのかな…

と疑問を持つかもしれません。

僕も、気になり、年金事務所へ確認をしたことがあります。

問い合わせの結果、

総括表の再提出は、不要とのことでした。

賞与支払届総括表の解説記事は➡コチラ

訂正理由書など、添付書類は?

届出を訂正をするときは、

賃金台帳や理由書が必要になることが多いですが、

賞与支払届の訂正では、添付書類は基本的に不要です。

しかし、年金事務所や健保組合によっては、必要になるケースがあるかもしれませんので、

気になるときは、各行政にご確認いただければと思います。

提出先は、年金事務所(事務センター)適用課

書類が完成したら、年金事務所(事務センター)の適用課へ提出しましょう。
(年金事務所のお仕事紹介の記事は➡コチラ

健康保険組合に加入しているという会社さんは、

併せて健康保険組合へも提出することになりますので、お忘れなく。
 (健康保険組合と協会けんぽの違いの記事は➡コチラ )

何日以内という期限はありませんが、

早めに訂正されるように、すぐに提出することをお勧めします。

なお、遡及できるのは2年間までとなりますのでお気を付けください。

[PR] 契約手続きがオンラインで完結! 電子契約の電子署名・サインは「GMO電子印鑑Agree」資料請求はコチラ 

提出する前の訂正は、二重線でオッケー!訂正印不要!

提出する前の訂正は、二重線でオッケー!訂正印不要!

先ほどご紹介の訂正届は、

賞与支払届を提出後(決定通知受領後)、間違いが発覚して訂正をするときの方法となります。

では、提出する前に書き間違えた場合は、どのように訂正をすればよいでしょうか。

こちらは、とても簡単です。

間違えた個所を二重線で消して、書き直せばオッケーです。

訂正印は不要です。

まとめ ~決定通知書の確認が重要!~

まとめ ~決定通知書の確認が重要!~

いかがでしたでしょうか。

簡単にまとめさせていただきます。

  • 賞与支払届を、提出後に訂正するときは、見出し部分に訂正届と赤字で書き、金額を赤字と黒字で訂正。
  • 総括表は、再提出不要。
  • 賞与支払届を提出前に訂正する場合は、二重線で書き直せばオッケー。訂正印は不要。

間違いがあった場合、すぐに訂正できるように決定通知書の確認が重要ですね。

ご参考いただければ幸いです。

※この記事は、協会けんぽ加入の会社さんを想定して書かせていただいています。
組合健保の時は、扱いが異なる場合があるかもしれませんので、参考程度でお願いいたします。
詳細は、各健保組合へご確認ください。

健康保険・厚生年金保険の賞与支払届の書き方がわからない…

お困りごとは、社会保険労務士へご相談ください!

➡こちらより、お気軽にお問い合わせください!
(社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所)

 

算定基礎届の訂正届の記事は➡コチラ

月額変更届の訂正届の記事は➡コチラ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました