【記載例有り】退職者の保険証が回収できない!回収不能届の手続き

社会保険・労働保険等手続き

—ケンタくんの会社を退職したヤマトくんから、連絡が来ました。なにやら、困ったことがあったようです。

ケンタ(社長)
ケンタ(社長)

ヤマトくんから、連絡があったんだけど、引っ越しのときに保険証をなくしちゃったんだって…。

ココア(総務)
ココア(総務)

それは、災難でしたね。

ケンタ
ケンタ

これだと、資格喪失届に添付して届出ができないよね。どうしよう。

ココア
ココア

保険証回収不能届を書いて、一緒に送れば大丈夫ですよ。

ケンタ
ケンタ

そうなんだね。安心したよ。

会社を退職する人がいると、

その人の、健康保険証を回収して、年金事務所(協会けんぽ)

又は健康保険組合へ返却します。

ところが、何らかの理由で保険証が回収できなかったら…。

今回は、保険証回収不能届のご紹介をさせていただきます。

※手続きは協会けんぽでの、内容となります。

スポンサーリンク

退職者の保険証が回収できない!回収不能届の手続き

退職者の保険証が回収できない!回収不能届の手続き

退職者が出た際、

社会保険(健康保険・厚生年金)の資格喪失届を提出することになります。

資格喪失をすると、退職者さんは、その会社での保険証は使えなくなります。

そのため、保険証を会社へ返却してもらい、

資格喪失届に添付して、提出をします。

…というのが通常の手続きの流れですね。

ところが、

保険証が回収できないまま、退職者さんと連絡がつかなくなってしまった!

僕も、何回か相談を受けたことがあります。

いったいどうなってしまうのでしょう。

対処方法を確認していきましょう。

健康保険のお手続きは、社会保険労務士へご相談ください。

➡こちらより、お気軽にお問い合わせください!
(社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所)

 

[PR]契約手続きがオンラインで完結! 電子契約の電子署名・サインは「GMO電子印鑑Agree」資料請求はコチラ 

保険証回収不能届を、資格喪失届と一緒に提出

保険証回収不能届を、資格喪失届と一緒に提出 

さて、トラブルシューティングとなりますが、

保険証の回収ができない場合、

保険証回収不能届を資格喪失届と一緒に提出することで、解決します。

この回収不能届とは、文字通り、

こんな理由があって、保険証が回収できませんでした。

という感じで、回収ができなかったことを報告する様式です。

様式は、年金事務所のホームページからダウンロードができます。

なお、資格喪失届はこちらからダウンロードできます。

[PR] 印刷ランニングコストでお悩みの方、会社の経費削減をお考えの方必見!
インク革命.com

回収不能届を事例と記載例で確認!

回収不能届を事例と記載例で確認!

年金事務所のホームページで

見やすい記載例も紹介されていますが、僕の方でも簡単な事例をご紹介します。

株式会社 黄金旅程(代表取締役 ケンタ)にて…

<事例> 

退職者のヤマトくん(平成5年8月10日生まれ)が、引っ越しの作業中に健康保険証をなくしてしましました。扶養家族である妻、カナコさん(平成6年1月12日生まれ)の保険証も一緒に紛失してしまいました。

これをもとに作成したものが、こちら。

保険証の記号・番号って何? 調べるにしても保険証を紛失してて…

と、お困りの方がいらっしゃるかと思います。

保険証の記号と番号については、➡こちらの記事で解説しておりますが、

簡単に申し上げますと…

記号と番号は保険証に書いてあります。

紛失していて分からない場合…

記号=他の社員さんの保険証と同じ数字なので、そちらで確認。

番号=年金事務所からの通知書に書いてありますので、そちらで確認。

といった感じで、調べることができます。

ちなみに、高齢受給者証は

70歳以上の被保険者(又は被扶養者)に交付されるものです。

70歳未満で、交付されていなければ、返納欄は空欄でオッケーです。

該当していたら、ご確認ください。

提出先は?

提出先は、協会けんぽの場合は年金事務所の適用課(適用調査課)、又は事務センターです。

資格喪失届と一緒ですね。

年金事務所のお仕事紹介記事は➡コチラ

健保組合の加入会社さんは、健保組合となります。

健保組合と協会けんぽの違いの解説記事は➡コチラ

発見したら、すぐに返却しましょう。

この回収不能届を提出したとしても、

保険証が見つかった場合は、返却をすることになっています。

お忘れなきよう。

組合健保は厳格!

ご紹介のものは、協会けんぽでの手続き内容となります。

これは、僕の体験した範囲のことなのですが、

組合健保の回収不能届のほうが、厳しい内容となっております。

あくまでも、僕が体験した組合さんのものですが、

具体的には…

何月何日に、こんな方法で退職者さんへ連絡をとりました。

という、督促の記録を複数回分、書いたうえで、届出をしていました。

こんな方法というのは、メールや電話ということです。

できるだけ、回収できるのが望ましいですね。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

保険証が回収できないというのは、意外と多いのではないでしょうか。

今回の記事が参考になれば幸いです。

とはいえ、保険証は回収が基本ですので、

できるかぎりは、回収いただければと思います。

健康保険の手続きで、お困りのことはございませんか?

社会保険労務士へご相談ください!

➡こちらより、お気軽にお問い合わせください!
(社会保険労務士 鈴木翔太郎事務所)

 

保険証再交付の記事➡こちら

健康保険資格証明書の記事➡こちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました