4月入社、5月入社、6月入社は対象?算定基礎届のルール!

社会保険・労働保険等手続き

—とある会社を切り盛りするケンタくん。算定基礎届の準備で大忙しです。

ケンタ(社長)
ケンタ(社長)

算定基礎届は、4月5月6月のお給料を書いていくんだよね。

ココア(総務)
ココア(総務)

そうですね。間違えないようにしましょう。

ケンタ
ケンタ

そうしたら、5月入社のコトリさんの分は作らなくても大丈夫かな?

ココア
ココア

6月以降の入社は対象外ですが、5月入社のコトリさんは算定基礎届の対象ですよ。忘れないようにしてくださいね。

ケンタ
ケンタ

そうなんだね。忘れないようにするよ。

ブログへお越しいただきありがとうございます。

社会保険労務士の鈴木翔太郎と申します。

定時決定(算定基礎届)は、4~6月までの報酬額を届出るものということは、広く知られています。

そうなると、5月入社、6月入社の方はどうなるでしょう?

今回は、算定基礎届のルールについて、ご紹介いたします。

※なお、この記事では、入社=資格取得という前提で書かせていただいております。

算定基礎届の解説記事は➡こちら

標準報酬月額の解説記事は➡こちら

スポンサーリンク

4月入社、5月入社、6月入社は対象?算定基礎届のルール!

4月入社、5月入社、6月入社は対象?算定基礎届のルール!

それでは、4月入社、5月入社、6月入社の算定基礎届の解説です。

結論から申し上げますと、

4月入社・5月入社➡算定基礎届対象

6月入社➡算定基礎届対象外

となります。

社労士試験でも、勉強する内容なのですが、僕が、初めて算定基礎届を作ったとき、5月入社の人を書き忘れそうになり、焦った思い出があります。

なお、入社月の給与が1か月分支給されない人がいるときの取り扱いは、この記事の5項目でご紹介しておりますので、ご確認ください。
5.【注意】備考欄の「中途入社」へのマークが必要な場合もあります。

次の項からは、各月ごとの注意点や書き方を、簡単にご紹介いたします。

日本年金機構から令和3年度 算定基礎届ガイドブックが、公開されています。

併せてご参考ください。



新入社員さんも!4月入社の算定基礎届

新入社員さんも!4月入社の算定基礎届

こちらは大丈夫かと思いますが、

4月1日採用新卒の社員さんをはじめ、

4月入社の方は算定基礎届の提出が必要になります。

他にも、4月よりパートから正社員に契約変更され、

社会保険加入をするというかたがいらっしゃるかもしれません。

そういった方も対象となります。(5月から、社会保険加入というケースも同様)

給料が翌月払いで、4月に受け取る報酬はゼロの場合

お給料が翌月払いの場合は、4月の支給はゼロ円となりますね。

その場合、5月と6月の報酬を書いて提出すればオッケーです。

[PR]  契約手続きがオンラインで完結! 電子契約の電子署名・サインは「GMO電子印鑑Agree」資料請求はコチラ 

忘れがち!5月入社の算定基礎届

忘れがち!5月入社の算定基礎届

さて、この5月入社が一番忘れられがちな気がします。

僕自身も忘れかけたことがありますので…要注意です。

5月入社の方は算定基礎届の提出が必要になります。

忘れる言い訳にするつもりはないのですが、

6月に入ると、年金事務所から算定基礎届が送られてきます。

人数の少ない会社さんは、対象者の名前も印刷されたものが同封されております。

そのまま使えて便利なものなのですが、

年金事務所のシステム上、5月入社の人は反映されていないことが多いです。

追加して、提出をする必要があるのでお気を付けください。

5月入社で、給料が翌月払いの場合は?

5月入社で、翌月払いの方は、5月支給分はゼロ、

最初のお給料が6月になりますね。

そういった方は、6月だけを記入して提出すればオッケーです。

[PR] スマホでいつでもどこでも会社の電話が使える【回線.com】

提出不要!6月入社の被保険者

提出不要!6月入社の被保険者

さて、6月入社の方については、提出が不要です。

不要なら、わざわざ書かなくても良いのに…

確かに、そうですが、問い合わせもあったりするので、

念のためお知らせさせていただきます。

6月入社の社員さんは、その年の9月の定時決定はされないので、

資格取得時の標準報酬月額が、翌年9月の定時決定のまで適用されます。

(随時改定等で改定された場合は除きます。)

6月末退職者は対象?

6月で退職した方は、算定基礎届の対象外となります。(6月30日退職も同様)

4~6月の報酬情報がそろっていますが、

定時決定される9月には、在籍していないので関係ないといったところです。

【注意】備考欄の「中途入社」へのマークが必要な場合もあります。

備考欄の「中途入社」へのマークが必要な場合もあります。

例えば、月末締めの会社で、10日に入社した時は、入社月の給与が1か月分支給されないことになります。

そういった月は、算定対象月から除かれることになります。

算定基礎届の備考欄「4.中途入社」に丸を付けて、

9.その他へ入社日(資格取得日を)記入して提出することになりますので、

忘れないようにしましょう。

書き方の見本を年金機構のガイドブックより引用します。

出典 : 日本年金機構 算定基礎届の記入・提出ガイドブック

このガイドブックは、その他の算定基礎届のポイントも書かれていますので、ぜひ、ご参考ください。

[PR] 業務内容を見える化させる日報ソフト【Pace】無料トライアル申込

まとめ~入社月を確認し、適正な届出を~

まとめ~入社月を確認し、適正な届出を~

いかがでしたでしょうか。

  • 4月入社・5月入社の人は算定基礎届対象。翌月払いの時は翌月分から記入する。
  • 6月入社は算定基礎届対象外で、6月退社も作成不要
  • 入社月の給与が1か月分支給されないときは、中途入社欄を使用

提出が漏れている場合、保険者算定という形で決まってしまうこともありますので、

お気を付けください。

社会保険の手続きを、もっと勉強したい!

という方は、➡コチラの書籍( https://amzn.to/3oXM2hS )がおすすめです。

算定基礎届以外にも、丁寧に様式の書き方が解説されているので、おすすめです。 

算定基礎届の作成は、社会保険労務士へご相談ください。

算定基礎届の一般的な解説記事は➡こちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました