【記載例付き】ストレスチェック 報告書の書き方【労働基準監督署】

社会保険・労働保険等手続き

50人以上の労働者を雇用する事業者(会社)は、ストレスチェックを行うこととされています。

ストレスチェックが完了したら、労働基準監督署へ報告をする必要があります。

ブログへお越しいただきありがとうございます。

社会保険労務士の鈴木翔太郎と申します。

メンタルヘルスが注目を集めるなか、会社にはストレスチェックが義務付けられています。

ストレスチェックを実施したら、報告書を提出することになります。

今回は、ストレスチェック報告書(心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書)のご紹介をさせていただきます。

スポンサーリンク

【記載例付き】ストレスチェック 報告書の書き方【労働基準監督署】

【記載例付き】ストレスチェック 報告書の書き方【労働基準監督署】

ストレスチェックの制度は、平成27年12月にスタートした比較的新しい制度です。

50人以上の労働者を雇用する会社等が対象となります。

なお、一年に一回実施することとされています。

うちの会社は、パートさんもいるんだけど、全員に実施しなきゃいけないの?

ストレスチェックは、正社員やフルタイムに近い労働者さんが対象になります。

もう少し具体的に申し上げますと…

  • 労働契約の期間の定めのないまたは、1年以上の勤務の有期契約労働者(見込みも含む)
  • 所定労働時間が、正社員の3/4以上であること。

こういった労働者さんが実施義務の対象となります。

短時間のパートさんなどは、対象外です。

ただし、1/2以上の所定労働時間の人についても、実施が望ましいとされています。

ストレスチェック報告書(心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書)をダウンロード

ストレスチェックが終わったら、報告書を提出します。

ストレスチェック報告書の正式名称は、「心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書」といいます。

長いですね…。

様式は、厚生労働省のホームページからダウンロードできます。

次の項で、実際の書き方を確認していきます。

ストレスチェック報告書を記載例で確認します。

 ストレスチェック報告書を、記載例で確認します。

それでは、先ほどダウンロードした「心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書」の書き方を確認します。

厚生労働省の帳票入力支援サービスを利用して作成したものが、コチラ⇊

会社の情報、ストレスチェックの実施状況を書き、産業医の先生の署名を記入したら完成です。

労働保険番号って、どこで確認すれば良いの?

労働保険番号は、労災保険の書類に記載されています。

保険関係成立届や、労働保険料申告書(年度更新)の控を確認しましょう。

なお、押印の欄は、現在は廃止されています。

ストレスチェック報告書の提出先は、労働基準監督

完成しましたら、管轄の労働基準監督署へ提出します。

係は、安全衛生課です。

また、控として、コピーを送ると受付印が押されたものを返却してもらえます。

提出をした証拠としておけるので、おススメです。

コピーの余白に、「控」と書けばオッケーです。
(便利なゴム印もあります。参考➡ https://amzn.to/2ALlehd )

労働基準監督署の一覧をご案内いたします。

労働基準監督署の部署の紹介記事も、よろしければご参考ください。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • 50人以上の労働者を雇用する会社等は、一年に一回のストレスチェックの実施義務があります。
  • 対象者は、基本的には正社員やフルタイムに近い労働者(4/3以上の1週間所定労働時間)
  • ストレスチェックが終わったら、「心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書」を労働基準監督署へ提出します。

職場の安全衛生やメンタルヘルスが重要視される世の中です。

ご参考いただけますと幸いです。

このブログでは、他にも労働保険・安全衛生の手続きをご紹介しています。

一定の業種で労働者が、50人を超えたら安全管理者の選任が必要です。

解説記事はコチラ⇊

その他の記事もぜひお読みください。➡コチラより

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました