労働基準法

スポンサーリンク
しごとのコラム

10月は、取得促進期間!年次有給休暇の取得率はどれくらい?

日本は、有給取得率が低いとささやかれることが多いですね。 そんな空気を打破するためなのか、毎年10月は取得促進月間とされています。 取得率はどれくらいなのでしょうか?外国と比べると、どんな状況なのでしょう?
しごとのコラム

始業時間前の掃除の時間は労働時間?お給料は必要?

会社の始業時間前に、掃除の時間が設けられていたり 始業時間前に朝礼の時間がある会社さんは、少なくないのではないでしょうか。 一見すると、掃除や朝礼は労働時間と違うようにも思えます。 その時間に対して、お給料(賃金)を支払う必要はあるのでしょうか。 今回は、労働時間についてのお話をご紹介いたします。
しごとのコラム

【社労士が解説】高校生のアルバイトを採用!注意点は?

労働基準法では、18歳未満の子供を年少者と呼び、特別な保護をいくつか設けています。労働時間等で一般の労働者と異なる管理が必要になります。必要な提出書類の手続きもありますので、注意事項と一緒にご紹介させていただきます。
しごとのコラム

就業規則を届け忘れた!効力はいつから?

労働基準法では、10人以上の労働者を雇っている使用者は就業規則を作成し労働基準監督署へ届け出ることが決められています。適正に作成が済んだにもかかわらず、届け出を忘れてしまっていたら就業規則の効力はどうなってしまうでしょうか。
しごとのコラム

メールやLINEの退職届は有効?

従業員が退職する際、退職届を提出する手続きが通常かと思います。その退職届の提出は書面での提出が一般的かと思いますが、メールやLINEでの意思表示は有効なのでしょうか。メールで提出があった場合はどんな問題が考えられるでしょうか。退職届、退職届、辞表の違いについてもご紹介させていただきます
しごとのコラム

有給休暇は、あとから申請できる?有給の取り方ルール

一定の要件を満たした労働者は誰でも年次有給休暇を付与されます。もちろん使い道は労働者が自由に決めることができます。では、休む当日になって、体調不良を理由に有給休暇を使うことはできるでしょうか。今回は有給休暇の取り方や、事後申請について書かせていただきます。
社会保険・労働保険等手続き

【記載例有り】出してない?適用事業報告の書き方

初めて労働者を雇うにあたり、必要な手続きとして 労働保険(労災保険・雇用保険)がまず思い浮かぶかと思います。 その一方で忘れられがちな適用事業報告というものがあります。記入例をまじえながらこちらのご紹介をさせていただきます。
しごとのコラム

キャッシュレス時代!給与支払いの電子マネー解禁は?

キャッシュレス時代とのことで、様々な施策が行われています。 手軽に利用できてとても便利です。それでは、給与の支払いをキャッシュレス・電子マネー等で行うことはできるのでしょうか。現状では壁があるようです。今回は労働基準法を交えて給与の支払いルールの話を書かせていただきます。
しごとのコラム

【お役所紹介】労働基準監督署とはどんなところ?

僕たち社労士がお世話になっている役所に労働基準監督署があります。 労基署、ローキ、監督署…色々な呼び名がありますね。 名前はよく聞くかと思いますが、余り馴染のないところかもしれません。 今回は、労働基準監督署の業務内容について書かせていただこうかと思います。
社会保険・労働保険等手続き

【わかりやすく】働き方改革対応 新様式 36協定の書き方

従業員さんに法定労働時間を超えて残業させる場合は時間外労働・休日労働に関する協定(いわゆる36協定)の届出が必要になります。 この協定は作成するだけでは効果がなく、労働基準監督署への提出により初めて効果が発生します。 今回は、この36協定の書き方やその他の気を付けるところなどを書かせていただきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました