【まとめ・令和3年度】社会保険料率・労働保険料率の変更をチェック!

しごとのコラム

もうすぐ新年度です。労働保険・社会保険の料率が変更になるものが多くあります。

このブログで取り上げた各種保険料率を、まとめてご紹介いたします。

ブログへお越しいただきありがとうございます。

社会保険労務士の鈴木翔太郎と申します。

社会保険や労働保険の料率や金額は、「年度ごとに」切り替えがされるものがとても多いです。

このブログの各記事にても、いくつかご紹介させていただきました。

今回は、まとめ記事として各種保険料率(+国民年金保険料額)をご紹介します。

※ 健康保険料・介護保険料率は「協会けんぽ」のご紹介となります。組合健保加入の会社様は、各健保組合様へご確認をお願い致します。

スポンサーリンク

【まとめ】令和3年度社会保険料率・労働保険料率の変更をチェック!

【まとめ】令和3年度社会保険料率・労働保険料率の変更をチェック!

社会保険料や労働保険料は、

従業員さんのお給料から控除するものも多く、保険料率の変更を見落とすと大変です。

この時期は、各種保険料率が切り替わる時期ですので、要注意です。

保険料率が据え置きになるものも、併せてご紹介します。

まずは、社会保険から確認です。

[PR] スマホでいつでもどこでも会社の電話が使える【回線.com】

【社会保険料率】健康保険と介護保険料率を確認!厚生年金は、変更無し!

【社会保険料】健康保険と介護保険料率を確認!厚生年金は、変更無し!

一般に、社会保険料というと、健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料を指すことになります。

まずは、こちらの3種類を順番に確認します。

※ 健康保険料・介護保険料率は「協会けんぽ」のご紹介となります。

[健康保険料率]協会けんぽ保険料率は、都道府県ごとに確認!

協会けんぽ(全国健康保険協会)の健康保険料率は、都道府県ごとに設定されます。

こちらの健康保険料率表で、確認をしましょう⇓

健康保険料率(協会けんぽ)をチェック!✅ 
令和3年度都道府県単位保険料率 (協会けんぽ ホームページ)

都道府県によって、上がるところ、下がるところ、据置のところがそれぞれですね。

平均としては、大体10パーセントくらいとなっていることがわかります。

ブログの解説記事も、併せてお読みください⇊

[介護保険料率]1.80%へアップ!

介護保険料率は、1.80%へ変更となります。

令和2年度は1.79%でしたので、若干上がることになります。

協会けんぽホームページはコチラ➡協会けんぽの介護保険料率について

介護保険料って、何歳から何歳まで、お給料から控除するの?

介護保険料は、40歳から65歳までが、お給料からの徴収対象になります。

対象の年齢の方の計算の時は、ご注意ください。

介護保険料についての解説ブログもぜひお読みください⇊

[厚生年金保険料率]令和3年も、変更なし!

健康保険→介護保険とくれば…

最後は厚生年金の保険料率ですが、厚生年金保険料率の変更はありません。

実は厚生年金保険料率は、平成29年9月のアップを最後に引上げが終了しています。

令和3年度も、18.3%で変更はありません。

参考➡ 日本年金機構 厚生年金保険料額表
(等級の改定などで、更新がされていますが厚生年金保険料率は変わっていません)

[PR] 契約手続きがオンラインで完結! 電子契約の電子署名・サインは「GMO電子印鑑Agree」資料請求はコチラ 

【労働保険料率】労災保険・雇用保険ともに、据え置き!

【労働保険料率】労災保険・雇用保険ともに、据え置き!

労災保険料と、雇用保険料を併せて労働保険料と呼びます。

こちらも、年度の変わり目が料率の切り替え時期となっています。

雇用保険については、労働者さんからの徴収もありますので、要注意です。

[労災保険料率]令和3年度は、据え置き!業種を確認!

令和3年度、労災保険料率は、前年度からの据え置きとなります。

保険料率は、業種によって細かく設定されています。

保険料率表は、こちらより⇓

なお、メリット制が適用されるときは、この料率表と異なる料率になります。

詳細は、労働局や労働基準監督署へご確認ください。

労災保険料って、お給料から控除してないですよね?

労災保険料は、労働者さんからの徴収はありません。

会社が雇用保険料と一緒に申告・納付をすることになります。(年度更新と呼ばれています。)

解説記事も、併せてお読みください⇊

[雇用保険料率]令和3年度は、据え置き!3種類の業種を確認!

雇用保険料率についても、令和3年度は据置です。

3つの業種ごとに保険料率が設定されています。

雇用保険料率は、こちらより⇊

上記の表の労働者負担分の保険料率で計算することになります。

業種は3タイプですが、労働者負担分としては、「3/1,000」と「4/1,000」の2種類ですね。

農林水産・清酒製造の事業と建設の事業以外については、一般の業種という見かたになります。

解説記事も併せてお読みください⇊

[PR] 印刷ランニングコストでお悩みの方、会社の経費削減をお考えの方必見!
インク革命.com

【国民年金保険料】令和3年度は、やや保険料アップ!

【国民年金保険料】令和3年度は、やや保険料アップ!

ここまでは、会社等で働いている方向けの内容でしたが、

個人で国民年金を納めている方もいらっしゃいますね。

国民年金保険料も年度ごとに変わります。

令和3年度の保険料は…

16,610円です。

令和2年度は16,540円ですので、少し上がりました。

解説記事も、ぜひお読みください。

まとめ ~ややこしい保険料率、ぜひご参考ください~

まとめ ~ややこしい保険料率、ぜひご参考ください~

いかがでしたでしょうか。

令和3年度の各種保険料率等のおさらいです。

社会保険・労働保険は複雑でわかりにくいという方が多いかと思いますので

ぜひご参考ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました